◎確かな加工技術

 
この道30年のベテラン職人が手掛けます。

本場京都で修行を積んだプロが着物加工を手掛けており、丸洗いのほか、染み抜き、洗い張り、染み落とし、染め替え、ヤケ直し、金加工、仕立て、かけつぎ、湯のし、あらゆる着物の加工をお承りいたしております。

丸洗いに使用する溶剤は常に徹底管理し、そして、最上クラスのものを使用しております。         
(ですので、臭い残りや溶剤の使い回しによる汚れ移りがありません!→これらは管理不足や安い溶剤使用によることが原因です)   仕上がりは、お仕立て上がったばかりのお着物のように 色も鮮やかになり生地に張りが出て、息を吹き返します。

丸洗いは衿・袖・裾の手作業での下洗いも含む本格的な洗いです。  

大手デパートにも納品している当社の仕上がりは皆様にご納得いただける仕上がりだと自負しております。

 

◎丁寧な仕上げ~梱包~発送

 

熟練のプレス士がお着物1枚1枚事前点検

丸洗い後の仕上げアイロンのほうは、熟練のプレス士がお着物1枚1枚事前点検をし、かけ方、温度などに充分注意をし、完璧な仕上がりにこだわっております

仕上がり時梱包時にはアイロン跡の無い状態を確認し、その後、発送係りにより準備に取り掛かっており、また発送のほうは、常に上に重さをかけないようにお運びするよう重々伝えております

仕上がり後は雲竜紙使用の上質(底厚紙+薄紙入り)たとう紙にお入れします。
皆様に長期保管にとても安心(^^)と大変喜んでいただいております。

 

良心的な価格設定

 

当店ではネットでのご提供により人権費を削減し、お預かりから洗い~納品までの工程を徹底的に見直し、ようやく相場の3分の一以下の価格でサービスをご提供することを実現しました。ですので、お着物丸洗いに関しましては、決して「安かろう・悪かろう」ではございません。

お値段の安さに驚かれることと思いますが、仕上がりは本場京都の職人が手掛ける国内トップクラスの仕上がりでございます。

 

◎たとう紙について

 


たとう紙は新品良質(底厚紙・薄紙入り)

たとう紙は新品良質(底厚紙・薄紙入り)で梱包にも力を入れております。

ご利用していただいた方には大変喜んでいただいております?。また、このたとう紙の原紙は雲竜<厚口という中性紙を使用しているので

長期保管にも最適で『きもの』への影響もありません